読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

【8】免疫のまとめ~一度戦うと増える専門家達~

【分かりやすくまとめると・・・】

・免疫は体にとって有害なものを排除する仕組み。大きくわけて,自然免疫系と獲得免疫系の2種類がある。

・自然免疫系は色んなものに反応するけど,おおざっぱで取りこぼしが多い。獲得免疫系は特定のものにしか反応しないけど,その分確実で強力。

・一度何かのウイルス等に感染すると,それ専用の白血球が増殖する。だから,もう一度同じウイルス等に感染したとき,それを素早く撃退できる。

 

f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 免疫というのは,体にとって有害なものを排除する仕組みのことだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 体にとって有害なもの,というのは,例えば細菌やウイルスがある。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 自分の体に元々ある物とは違うものを排除するということだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。もう一つの有害なものとしては,元々自分の細胞だけど,異常な細胞に変化してしまったものがある。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain それはつまりがん細胞のことだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。この免疫の仕組みは,大きく分けると二つある。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 自然免疫系と,獲得免疫系の二つだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 自然免疫系というのは,様々な異物に反応して,それを排除する仕組みになっている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 体に異物が入ってきたときは,この自然免疫系が真っ先に反応して異物を排除する。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain ただ,反応が早い分,異物を排除する力はやや弱い。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 他方,獲得免疫系は,反応は自然免疫系と比べると遅いが,異物を排除する力が強い。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain いずれの免疫系も,具体的には白血球が働いて異物を排除してるんだよね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。白血球はタンパク質の一種で,たくさんの種類がある。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain リンパ球は白血球の一種で,そのリンパ球の中でさらにたくさんの種類がある。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 白血球はどうやって異物を区別しているの。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain レセプターという,異物に反応するタンパク質で区別している。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain レセプターは異物に含まれる特定の成分に反応するようにできている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain このレセプターに反応を起こさせる特定の成分を抗原と呼ぶ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain レセプターって,センサーみたいなものだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。そして,自然免疫系の白血球の場合,レセプターはあらゆる抗原に反応するようにできている。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain だから反応が早いんだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。しかし,ざっくり見分けるだけだから,取りこぼしも多い。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 他方,獲得免疫系の白血球のレセプターは,特定の抗原にしか反応しない。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 一種類のセンサーだけしかないということだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。こういう特定の抗原にしか反応しない性質を特異性というんだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そして,このセンサーが何百万種類とある。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain そうか。自然免疫系の白血球は,一つの白血球自体に何種類もセンサーがある。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 他方,獲得免疫系の白血球はそれぞれ1種類のセンサーしかもたないけど,その分白血球の種類がたくさんあるということだね。

f:id:monoshirin:20151103112712j:plain


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そういうことだ。獲得免疫系というのは,専門家集団といっていい。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そして,獲得免疫系の白血球は一度抗原に反応すると,増殖して異物をやっつける。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 増殖したその白血球は,そのまま体内に残る。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そして,また異物が体に侵入してくると,すぐさま反応してやっつけてしまうんだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain そうか。だから一度感染したことのある病気はすぐに治るんだね。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 過去に戦った際に数が増えているから,二度目はすぐに異物を排除できるということだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。ただ,この免疫の仕組みも完璧なものではない。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 例えば,アレルギーがそうだ。免疫系が過剰に反応した結果,アレルギーが引き起こされる。

f:id:monoshirin:20151103113151j:plain


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain さらに,自己免疫系疾患という病気がある。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain これは,免疫系が自分の細胞を異物とみなして攻撃してしまう病気のことだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 味方なのに敵だと勘違いしてしまうということだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。また,免疫系が邪魔になる場合もある。例えば臓器移植だ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 他人の臓器は明らかに異物だから,免疫系に攻撃されちゃうね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そのとおりだ。他人の臓器の移植はそのような問題がつきまとう。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そこで,自分の細胞で臓器を再生できないか,という可能性が模索されている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain それが万能細胞による再生医療だ。そこで次は万能細胞に関する話をしよう。

blog.monoshirin.com

↓読んだついでにポチッと押してください。
にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ
にほんブログ村