読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

【番外編】ラグビー日本代表が南アフリカ代表に勝ったことの凄さを詳細にまとめてみる(6)

ラグビー日本代表

f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 日本代表の後半最初のトライは,立川に注目すると面白い。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 立川はこの試合で合計20回ボールを持っている。下記の表はその20回において立川が選択したプレーの内容を一覧にしたものだ。

 

NO内容備考
1 クラッシュ  
2 クラッシュ  
3 クラッシュ  
4 クラッシュ  
5 クラッシュ  
6 クラッシュ  
7 クラッシュ  
8 キック  
9 クラッシュ  
10 クラッシュ  
11 キック  
12 パス ここからトライ
13 パス  
14 クラッシュ  
15 クラッシュ  
16 パス  
17 クラッシュ  
18 クラッシュ  
19 クラッシュ  
20 パス ここからトライ

f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 20回中14回もクラッシュしているね。パスはたった4回しかない。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そこがポイントだ。後半のトライの前には一度もパスをしていないのが分かるだろう?
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 本当だ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 陣地回復のためのキック以外は全てクラッシュだ。その相手は主に相手のスタンドオフだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 南アフリカスタンドオフはあまりタックルが強くないという分析結果が出ていた。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain これは先発のランビ,交代して出てきたポラート両方に言えることだった。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そこで,立川は相手のスタンドオフにクラッシュを繰り返し,防御網に楔を打ち込んでいた。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 例えばこの場面を見てごらん。

 

※該当シーンから再生開始します。

f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 怖いね。物凄い勢いでぶつかりにいっているね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。これを繰り返すことにより,南アフリカに「立川はボールを持つと必ずクラッシュしてくる」と思いこませた。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain これが,後半最初のトライの伏線になる。まずは動画を見てみよう。

 

※該当シーンから再生開始します。

f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 何度見ても気持ちがいい鮮やかさだねぇ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだね。では細かく分けて見てみよう。まず,ラインアウトでボールをキープし,立川がボールを持った場面だ。

f:id:monoshirin:20160229230311j:plain


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain この場面,日本代表の狙いは,11番の松島にボールを持たせて,ポラートとデヴィリアスの間を突破することだ。


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain つまり,ポラートとデヴィリアスの注意を松島以外に向けることが必要になる。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain よく見てごらん。ここから日本代表は3重のフェイントを仕掛ける。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 今までさんざん立川がクラッシュを繰り返してきたから,立川の正面のポラートは,当然また立川がクラッシュすると思うだろう。

f:id:monoshirin:20160229230328j:plain
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain これが第一のフェイントだ。これによってポラートは立川に注意が向く。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain ところが,ここでサウがポラートとデヴィリアスの間に向けて走り込んで来る。立川もパスをするような仕草をする。

f:id:monoshirin:20160229230431j:plain

f:id:monoshirin:20160229230442j:plain


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain サウは極めて突破力の高い選手だから,デヴィリアスの注意がサウに向く。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain しかし,サウは囮だ。これが第2のフェイント。立川は小野にパスをする。

f:id:monoshirin:20160229230459j:plain

f:id:monoshirin:20160229230514j:plain


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain これで,デヴィリアスは小野がクラッシュしてくるのかと一瞬思うだろう。これが第3のフェイントだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain もう一方のポラートは半分立川にタックルに入っているね。見事に引っかかってる。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。こうやってポラートの注意は立川に,デヴィリアスの注意は小野に向かっている。松島は完全に盲点だ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そこで,小野が松島にパスを出し,松島が防御ラインを突破する。

f:id:monoshirin:20160229230545j:plain

f:id:monoshirin:20160229230559j:plain


f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 立川と見せかけてサウと見せかけて小野と見せかけて松島ということだね。一瞬の間に3重のフェイントをかけてるわけだな。凄い。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。しかし,防御ラインを突破しても,相手の守備の最後の砦であるフルバックのカルシュナーが待ち構えている。

f:id:monoshirin:20151008215747j:plain また,左ウイングのムボボも松島を追いかけてきている。

f:id:monoshirin:20160229230626j:plain

f:id:monoshirin:20160229230646j:plain


f:id:monoshirin:20151008215749j:plain そこで後ろから五郎丸が突如現れるということだね。

f:id:monoshirin:20160229230706j:plain

 

f:id:monoshirin:20160229230720j:plain


f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。フルバックは守備面では最後の砦になるが,攻撃の際は,いわばジョーカーのような役割を果たす。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain この場面,本来五郎丸をマークしておくべきだったムボボが松島を追いかけたため,完全に五郎丸がフリーになった。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain ただ,もしムボボが五郎丸をそのままマークしていたとしても,更に外側に右ウイングの山田が完全にフリーで待っていた。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 松島が抜け出した時点で,日本のトライはほぼ決まっていたということかな。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだね。考え抜かれたサインプレーだ。もはや芸術と言ってよい。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 立川が試合当初からクラッシュし続けていたのは,この場面のためとも言い得るね。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 試合当初から罠を張っていたなんて,凄いな。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだね。立川が相手守備陣の注意を引きつけていたからこそできたプレーだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain さて,次はいよいよ最後の総攻撃の場面を見てみよう。

 

↓(7)はこちら

blog.monoshirin.com