読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

乙武氏の不倫は妻公認だったのか

乙武氏の不倫が妻公認だったのではないか,という説があるようである。

healthpress.jp

 

その可能性はある,と思っている。

明らかに被害者なのに謝罪するというのは,不倫された妻の対応としては異質に見える。

仮に公認だったとすれば・・・凄い人心支配力だなと思う。

 

私はこの報道を見て,「ハーレム男事件」を思い出した。

東大和市一夫多妻男事件 - Wikipedia

 

正式名称は上記ウィキペディアによると東大和市一夫多妻事件というようである。

この事件は,要約すると,複数の女性と同棲し,結婚・離婚を繰り返していた50代の男性が,同居生活を断った女性を脅迫した,というものである。

この男自身は働いておらず,女性達が稼いだ金で暮らしていた。

 

キング・オブ・ヒモ野郎である。

 

もうあれから10年も経つのか・・・・私はこの事件を知って心の底から驚いた。

きっと今も女性達との同棲生活を続けているのであろう。

 

自分と付き合っている男が他の女性と性的関係をもつ・・・これは普通なら許せないことだろう。しかし,それを受け入れさせてしまうこの男。

別にルックスがいいわけでもない。

一体なぜ・・・未だに謎である。彼が本を出すなら俺は買う。

 

複数の女性と同棲する人は私の知人にもいた。

最初に知ったときは本当にびっくりした。

2人の女性と同棲している,というのである。

「同時に二人の女性を愛するって,別に普通でしょ」と彼は言っていた。

いや,あなたはそう思うかもしれないけど,凄いのは彼女たちがそれを受け入れていることだよ。

 

一体どうやってそんな状態にしたんだ?

一つ確かなのは,彼が非常に口が達者な男だった,ということである。

彼の滑らかな弁舌に酔わされ,その状況を受け入れてしまったのだろうか。

凄い能力だと思う。

 

そんなことを考えながら乙武氏を見ると,口が達者なのは間違いない。それで女性達の心を掴んでいったのだろう。

だから政治家には向いていたのかもしれないが・・・おそらく出馬はもうできないだろう。

 

ところで。政治家ってそもそもエロいやつばっかりなイメージがあるのは私だけではないはず。

例えば,今再評価されている田中角栄

ウィキペディアには二人の女性と不倫関係にあったことが載っている。

田中角栄 - Wikipedia

 

不倫は良くないが,それと政治家としての能力は別ではないかと思う。

非常に優秀だが不倫ばかりしている政治家と,無能だが清廉な政治家,極論すればどちらがいいだろう。

私は優秀な方を選ぶ。

 

なお,乙武氏が政治家として能力があるかどうかは未知数だし,私は彼のことをそんなに深く知っているわけでもない。

だから,彼が選挙に出馬できなくなったとしても特に残念だとは思わない。

 

blog.monoshirin.com