モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

サンウルブズ,ブルースに圧勝

今日はサンウルブズ対ブルース戦を見に行った。

正直に言うと,勝利はあまり期待していなかった。

 

相手はあのブリティッシュアイリッシュライオンズを破ったチームなのだ。

かたや,我らがサンウルブズは今季1勝。南アフリカでは2連続で大敗。

上り調子の強豪対落ち目の弱小。

普通に考えて,勝てるはずがない。絶対にない。

 

しかし,頭の片隅に「ひょっとしてひょっとしてくれないかな~」という想いはあった。

これは私だけではないと思う。

ほんのわずかな期待の根拠は「暑いこと」と「チーフスとは接戦を演じたこと」である。

今までサンウルブズは,暑いときに接戦を演じてきたように思う。特にシンガポールでの試合。

サンウルブズは暑いと強い」。これがなんとなく頭にあった。

そして,チーフスに1トライ差で惜敗したこと。

チーフスとブルースだったら,ブルースの方がちょっと弱い。

だから,ツボにはまればフルースともいい試合ができるのではないか,と思ったのである。

 

とはいえ・・・いざ試合が始まってみると,ぽんぽんと2トライを取られる。

それぞれスローフォワードとノックオンがスルーされて取られたトライに見えたのだが・・・。特にスローフォワードについては私の席からよく見えたので完全にアウトだったと思う。審判がブルースをえこひいきしているように思えた。

なんて悪いトライの取られ方だ・・・

やっぱり今日もボコボコにされるのか。見てた人はみんなそう思ったに違いない。

さらに田村のパスがインターセプトされてトライ。

この時,もうトライを取られるのは間違いないのに全力で追いかけるブリッツの姿に感動した。

「負けはしたがこのブリッツの姿勢は忘れない」こんなセリフを吐く自分を想像した。

しかし,今日のサンウルブズは一味違う。2トライ返して前半は14-21。1トライ差。

 

「前半はいい勝負で楽しめた。しかしやはり後半が・・・・」

こんなセリフを吐く自分を想像した。私と同じ思いがよぎった人は少なくないだろう。

 

この時,だれが想像しただろうか。

 

この試合のブルースの得点がこの21点で終わることを。

狼達がブルースをこれ以降完封することを。

 

後半が始まった。

あのジェローム・カイノと,レネ・レンジャーが入ってきた。。。

超強そうだ。こんな怪物たちを止められるのか?

 

いつフルボッコモードに入るだろうかと思っていたのだが,いつになってもそうならない。

今日のサンウルブズのディフェンスは良かった。

まさに狼であった。獲物に喰らいつくかのごとく,獰猛にタックルする。連携もばっちりだ。

そしてブルースはぽこぽこミスをした。ボールがよくこぼれる。

カイノはハイタックルでシンビンになってるし。

 

明らかに暑そうだ。

「こんな日にラグビーやるなんてクレージーだぜ」

そんな風に思っていたに違いない。確かにラグビー日和ではない。

 

だが,暑いのはこちらも一緒だ。むしろサンウルブズは先週まで(冬の)南アフリカにいたメンバーも多数いたのだから,ブルースの方が気候に慣れていたのじゃないか。先に来日してホンダと練習試合していたぐらいなのだから。

しかし,ブルースはもうぐったりしているように見えた。

他方,我らが狼たちはピンピンしていた。とにかくよく動く。

セットプレーも安定していた。ゴール前スクラムを押し込んだときはスクラムトライかと思った(結局パスがつながらずトライまでいけなかったが。あのまま押せばいいのにと思ったのは私だけか。)。今日のスクラムは一度も負けていなかったように見えた。

ラインアウトもほぼ全部確保していたと思う。2メートル級の選手がいないのによく頑張っていた。

そして・・・今まで頻出していた「そこで蹴るの?」と思うようなキックが減っていた。

 

同点になったあたりからは完全に押せ押せムードだ。

BKも参加した巨大モールでのトライはあの南アフリカ戦を彷彿させた。

それでも,「いや,いつか逆転されるんじゃないか」と思っていた。

勝利を確信したのは残り5分くらいの時か。

まさかあんなにトライラッシュになるとは思わなかった。

 

がっくりうなだれるブルースの選手を見たときはもはやかわいそうになったぐらいだ。本当に暑くてつらそうだった。

だが,暑くてつらいのはこちらも一緒だ。印象に残ったのはラファエレ。ふと彼をみると,はしっこでクラウチングポーズみたいなのを取りながらふくらはぎをストレッチしているのが見えた。

たぶん,足がつったのだと思う。かなり重症のようで,ストレッチをしたあとちょっとヨロヨロしていた。「もう交代させてあげないとヤベーだろ。」と思った。

しかし,それから1分もたたないうちに彼は全力疾走してトライを取っていた。

結局彼はハットトリックを達成した。

すごい執念だ。そして,すごいイケメンだ。もう一回言うけど,すごいイケメンだ。もっと注目されていいと思う。五郎丸よりイケメンだぞ。

 

そして試合終了。48-21。

何も事情を知らない人にこのスコアだけを見せたら「そーか。やっぱりダブルスコアで負けたんだね」っていうだろう。

「いや,勝ったのサンウルブズだから」って言っても信じてもらえないんじゃなかろうか。

それほど信じられない大勝だった。

 

今日の試合では,フィジカルという土台の部分でサンウルブスが勝っているようにみえた。暑いのはお互い様なのになぜサンウルブズだけあんなにピンピンしているのかは謎である。気持ちの問題だろうか。

 

ところで,90点以上取られて惨敗した南アフリカのライオンズ戦と今回のメンバーの身長と体重を一覧にすると下記のとおり(※先発のみ)。

■対ライオンズ

NO 名前 身長 体重
1 三上 178 115
2 坂手 180 104
3 山路 180 108
4 ワイクス 197 109
5 谷田部 190 107
6 徳永 185 100
7 177 93
8 ブリッツ 193 108
FW平均   185.0 105.5
9 内田 179 86
10 小倉 172 80
11 後藤 177 80
12 カーペンター 183 95
13 山中 188 95
14 中鶴 177 82
15 笹倉 186 92
BK平均   180.3 87.1
全平均   182.8 96.9

 

■対ブルース

NO 名前 身長 体重
1 山本 181 118
2 日野 172 100
3 184 122
4 谷田部 190 107
5 ヘル 193 115
6 イラウア 187 105
7 松橋 180 99
8 ブリッツ 193 108
FW平均   185.0 109.3
9 内田 179 86
10 田村 181 91
11 福岡 175 83
12 ラファエレ 186 98
13 トゥポウ 187 101
14 松島 178 87
15 フィルヨーン 185 90
BK平均   181.6 90.9
全平均   183.4 100.7

 

フォワード,バックスともに,今回の先発メンバーの方が約4キロほど重い。

そして,ライオンズ戦で先発し,ブルース戦も先発したのは谷田部,ブリッツ,内田の3名のみ。

今回のサンウルブズは,ライオンズ戦とは全くメンバーが違うし,体格も一回り大きいチームだったことが分かる。

ちゃんとメンバーが揃えばいい試合ができる,とは言ってよいと思う。

私はもう来シーズンが楽しみである。

日本の株価をつり上げているもの

去年1年間の海外投資家による日本国内市場での株式売越額はリーマンショック時に匹敵する額だったとNHKが報じた。

元のNHKの記事はもうリンク切れになっているので,当時のNHKの記事を引用している下記のブログからNHKの記事引用部分を転載する。

【悲報】日本株、リーマンショックレベルで売られて日銀が買い支えていた | ニュースにひとこと!!

海外の投資家が去年1年間に国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6000億円余り上回り、世界的な金融危機リーマンショック」が起きた平成20年に匹敵する規模だったことがわかりました
東京証券取引所のまとめによりますと、海外の投資家が去年、国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6887億円上回る、大幅な「売り越し」となりました。これは世界的な金融危機リーマンショック」の影響で、海外投資家の売り越し額が3兆7085億円に膨らんだ平成20年に匹敵する規模です
去年、円高が進んだことや中国経済の減速などで日本企業の業績に対する懸念が広がり、海外の投資家が株式を売る動きを強めたことが主な要因です。
その一方で、日銀は金融緩和策の一環として、複数の企業の株式を組み合わせた金融商品である「ETF」を去年、4兆6016億円買い入れました。

本当だろうか。私は自分で調べて見た。

下記のグラフは国内の主な株式市場における投資部門別買い越し金額の推移を示すものである。

ピンク色になっているのは,買い越しがマイナス,つまり売り越し超過になっている部分。

f:id:monoshirin:20170326170307j:plain

 

データ引用元:投資部門別売買状況 | 日本取引所グループ

 

このグラフを見ると,2013年の海外投資家による買い越し金額が異常に突出している。他の部門は全て売り越し超過である。

2013年の株価上昇は海外投資家がもたらしたものと言って良いだろう。

 

だが,海外投資家の買い越し金額が突出していたのは2013年のみで,後は急落し,2015年と2016年は2年連続で売り越し超過である。

 

そして,確かに2016年の売り越し超過額は約3.6兆円であり,売り越し超過額が約3.7兆円だったリーマンショック時(2008年)と遜色無い金額である。

 

また,直近2年間において,買い越し超過になっているのは「法人」と「自己株式」のみである。

 

「法人」の中には,当然,日銀マネーとGPIF(年金)が含まれている。

ここで,日銀のETF購入額の推移を見てみる。

f:id:monoshirin:20170326171120j:plain

データ引用元:指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果

凄い購入額である。2016年の「法人」買い越し額は約4.7兆円だが,そのうちの約4.6兆円を日銀マネーが占めていることになる。

では,GPIFはどうか。GPIFは日銀と違って株式の購入額を公表していない。したがって,株にいくら金を投入しているのか正確な額を把握することはできない。

 

ここで,赤旗平成29年1月28日付の記事には下記の表がある。記事からそのまま引用する。

年金と日銀 株に19兆円/本紙試算 公的資金で つり上げ

f:id:monoshirin:20170130230207j:plain

GPIFの株式購入額をどうやって推計したのか不明であるが,2014年以降,合計で8兆円を越える金額を株式購入に充てていることが分かる。

推計の過程が不明である以上この数字を鵜呑みにするわけにはいかないが,GPIFが株式購入に巨費を投じているという点は誰も異論はないだろう。

したがって,「法人」の買い越し超過は,日銀とGPIFの影響が大きいと言って良いと思われる。

さらに,日銀とGPIFの購入額を単純に「法人」の買越額から引くと,マイナス,つまり売り越し超過になると言うべきだろう。

 

ここで,日銀ETF購入の影響について興味深い分析をしているみずほ総合研究所の報告書がある。

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/mk150423.pdf

上記の報告書から下記の文を引用する。

2014年11月から2015年3月までに日銀がETFの買入れを実施した営業日数は33営業日に上るが、2営業日を除き、日経平均株価前場終値が前日の終値を下回っている日に購入されている日経平均株価前場終値が前日終値を下回った営業日を集計すると、7割以上の営業日で日銀はETFを買い入れている。さらに、そのうち約6割で後場にかけて日経平均株価は持ち直しており市場の期待も加わって、日銀のETF購入が日本株の下落局面で下値を支えていることがうかがえる。

要するに,株価が下がった場合に日銀がすかさず介入しているようである。そして,介入した場合は約6割の確率で株価が持ち直しているようである。

持ち直さなかった場合も,下落幅を小幅に抑える効果はあるだろう。

こうやって日銀が下支えすることにより,株価が大きく下落することを防いでいると思われる。GPIFも同じような金の使い方をしているかもしれない。

海外投資家によるリーマンショック級の売り越し超過があっても大きく株価が下がらないのはこれが大きな要因であると思われる。

 

こういうことを言うと,「日銀やGPIFのお金はそれ自体は巨額だが市場全体の金額からするとその割合はたいしたことは無い,だから影響は大したことない。」という反論がありそうである。

しかし,上記みずほ総研の報告にもあるとおり,現に下支え効果があるのである。

株への公的資金の投入は,投資家達の期待とあいまって,投入した金額以上の株価上昇効果をもたらしているのだろう。

上記みずほ総研の報告書にも「市場の期待も加わって」という記載がある。

公的資金が買い支えるから今のうちに買っておこう」と株を購入する投資家はたくさんいるだろう。

さらに,投入された公的資金は,投資家の懐に入り,それが株への再投資に回されるだろう。

公的資金が呼び水となり,日本の株式市場へたくさんの金が投入されるということである。乗数効果のようなものだ。

公的資金投入による株価上昇効果はいったいどれくらいあるのだろうか。

ここらへんを専門家が研究したらかなり面白いと思うのだが。

 

ところで,もう一つ,直近2年で売り越し超過になっていない投資部門がある。

「自己株式」である。

アベノミクスがもたらした円安によって,主として輸出企業が大きく儲かり,内部留保が増加した。

その増加した内部留保の一部は,自己株式の取得に向かっているようである。

 

直近の株価の上昇はトランプの影響だが,それ以前は公的資金内部留保による自社株買いが大きく影響して日本の株価が高値を維持していると思われる。

 

さて・・・自社株買いはさておき,公的資金の注入はいつまで続けるのだろうか。

これを終了したら株価が大暴落するのは目に見えている。

 

金融緩和の最大の問題点は出口が見えないことだ。

莫大な公的資金の注入を永遠に続けることはできないということには,いくらリフレ派でも異論は無いだろう。

いつか緩和を終える時がくる。

 

その時,何が起きるのだろうか。

 

グーグルが最高裁判事をパンツ被った男性と認識している件

つい最近,新しい最高裁判事に戸倉三郎元東京高裁長官が任命された。

裁判所|戸倉三郎

 

ここで,グーグルで「戸倉三郎」を検索すると,下記の検索結果が表示される(今日撮ったスクリーンショット)。

f:id:monoshirin:20170320210754j:plain

 

どうもグーグルは戸倉三郎裁判官をパンツを被った男性と認識しているらしい。

 

戸倉三郎裁判官はあのパンツ一丁裁判官の岡口基一氏を注意した御仁である。

その理由の一つは,縄で縛られた上半身裸の写真をツイッターに投稿したから。

 

で,このパンツを被った男性の写真は戸倉三郎氏ではなく,弁護士の藤井総氏である。

こちらのリンク先でパンツを被った姿を披露していらっしゃる。

news.livedoor.com

 

戸倉三郎氏,岡口基一氏,藤井総氏をつなぐキーワードは「パンツ」である。

この3者をパンツを介して引き合わせたのはいったいどこのどいつだよ・・・・

 

私です。

 

グーグルが戸倉三郎氏を「パンツを被った男性」と認識してしまったのは明らかに私が書いた下記の記事が原因。

blog.monoshirin.com

 

これがAIの限界といったところであろうか・・・

 

ところで,誤解されているかもしれないので念のため言っておく。

戸倉三郎氏は「パンツ一丁」を注意したわけではない。

あくまで縄で縛った写真を投稿したこと等を注意しただけである。

「パンツ一丁はセーフ,縄で縛るとアウト」

これが世に言う「戸倉基準」,英語名「トクラ・スタンダード(略称:トク☆スタ)」である。

業界では戸倉基準により「パンツ一丁の自由」が確立されたと言われたり言われなかったりしているらしい。そのうち憲法の教科書にも載ると思うよ。

 

ところで,「じゃあ裁判官がパンツを被ったらどうなるのか?」という疑問は当然生まれる。

戸倉基準からはパンツを被ったらセーフかどうかは不明である。

 

少なくとも,弁護士会ではセーフだ。藤井弁護士は懲戒されていないのだから。

ただ,それも彼の被り方がパンツ・オン・ヘッド(P・O・H。ポー)だったからかもしれない。

より変態性の高い,フェイス・イン・パンツ(F・I・P。フィップ)だとどうなるかは不明である。

 

↓フィップの例

f:id:monoshirin:20161102213123j:plain

引用元

映画『HK 変態仮面』オフィシャルサイト

 

 

つまり,被ってみないと分からないということだ。

そうやって自由の輪郭がはっきりしていくのである。

ただ,パンツを被って何か得られるものがあるかどうかは不明である。

 

グーグルはいつまでこの検索結果を放置するのであろうか。

私は注目している。