読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」の感想・評価(ネタバレなし)

作者のつぶやき

安倍総理増税を延期するか否かで麻生さんや谷垣さんともめてるらしい。

増税延期は,景気が上向かないのが原因。

それって,アベノミクス失敗を自認したということだよね。

 

というわけで,今日は映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」を見に行った。

前の文章と脈絡が無いって?うるせぇよ。パンツ被って寝てろ。

 

見に行ったのは渋谷のとある映画館。ここは初めて行った。

この映画館,自動券売機が無い。

窓口のおねーちゃんに口頭で見たい映画を伝えないといけない。

 

変態仮面が見たいです。」って,伝えないといけない。

 

なんという羞恥プレー。

しかも,車通りの多い場所なので,大きい声で言わないと多分聞こえない。。

 

俺「へ・・・変態仮面が見たいです。

おねーちゃん「すいません,ちょっと聞こえないんですけど。」

俺「変態仮面が見たいです。」

おねーちゃん「まだ足りない。」

変態仮面が見たいです!」

おねーちゃん「許す。」

 

おねーちゃん・・嫌いじゃないぜ,このやり取り・・・・。

 

受付でほのかな羞恥プレーを堪能した俺はこじんまりした映画館に入った。

 

前回の変態仮面はPG12指定(12歳未満に対しては,成人保護者の助言や指導が適当とされる指定)が入っていた。

内容は思いっきりR指定が入ってもおかしくないものだったが。

 

今回はPG12指定すら入っていない。

ということは,前回やり過ぎだったので,今回は少しマイルドにしたのだろうか。

と,思いきや・・・

 

そんなことは無かった。

むしろ前回より振り切っていたかもしれない。

これを何の制限も無く許してしまう映倫の懐はユーラシア大陸よりも広い。

主役の鈴木君もヒロインの清水さんも朝ドラに出演して今や若手を代表すると言ってよい俳優。

それが,,,,振り切っている。前回はまだそれほど有名では無かったが,あれから色々な経験をしたせいか,演技に磨きがかかっていた(と思う。)

ムロツヨシは前作よりキモさが増していた。

脇役だが俺が一番好きだったのは片瀬那奈。抜群に振り切っている。振り切り過ぎている。本当にSM女王なんじゃないかあの人。

 

映画全体を通して,ギャグセンスが本当に秀逸。間が絶妙だった。

 

くだらないことこの上ない映画だが,非常に満足した。

 

終了後,この映画を見に来た変態達は一体どういう奴らだろうと館内を見回してみた。

 

女性の方が多かった。

 

こ,この変態どもが。

だがそれでいい。

 

帰りのエレベーターに乗ろうとすると,女性がぞろぞろ乗ってきて,男性が俺一人の状態になった。

お互いに「あなたも変態なのね」という微妙な空気感が生まれた。

 

そして,そこにおそらく70代ぐらいと思われる老紳士も乗り込んできた。

ちょっとはにかみながら。

 

老紳士よ。あなたもか。

 

かくして変態達を満載したエレベーターは粛々と下降を始めたのであった。

 

こんなに幅広い層に変態がいるなんて。

日本の未来は明るい。もはやまぶしすぎて見えない。