読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

パンツ一丁の裁判官VSパンツを被った弁護士

今日はとある2人の漢(OTOKO)について語りたい。

 

この記事のタイトルにもある「パンツ一丁の裁判官」。それは世界でただ一人しかいない。岡口基一裁判官である。

ツイッターから写真を引用する。

岡口基一 (@okaguchik) | Twitter

 

f:id:monoshirin:20161102203626j:plain

 

ご存知の方も多いと思うが,彼は上半身を縄で縛られた写真をツイッターに投稿した等の理由で戸倉三郎東京高裁長官から注意を受け,ニュースにも取り上げられた。

前に私はそこらへんのことについて詳しく書いた。

blog.monoshirin.com

 

ここで注意しなければいけないのは「パンツ一丁の写真をツイッターに投稿する」という行為は何らとがめられていないということである。

 

すなわち「パンツ一丁はセーフだが縄で縛るとアウト」という基準が確立されたのである。戸倉三郎東京高裁長官によって。

業界ではこれを「戸倉基準」と呼んでいる(と,思う)。

この戸倉基準を確立した戸倉三郎東京高裁長官は最高裁事務総長を経験しているやんごとなき御仁である。

戸倉三郎 - Wikipedia

最高裁事務総長がどれほどやんごとなき地位なのか。ウィキペディアから引用する。

最高裁判所事務総長 - Wikipedia

事務総長は職業裁判官の出世コースにおける通過ポストであり、事務総長を一定の期間勤め上げた者は、ほとんどの場合高等裁判所長官(副大臣級待遇)に任命され、そのうち3人を除き最高裁判所判事(国務大臣級待遇)に達している。

また、さらに最高裁判所長官内閣総理大臣級待遇)に達する者も何人か出ている。最高裁判所が発足した1947年から現在までに在職した18人の最高裁長官のうち、6人が最高裁判所事務総長経験者である。
第11代最高裁判所長官の矢口洪一が退任後に京都大学卒業生が集まる会合で「最高裁とは何か?」という問いに対して、長官や判事ではなく当時の事務総長の名前を挙げたというエピソードが存在する。

要するに戸倉氏はほぼ間違いなく最高裁判事になる。さらに,最高裁長官になる可能性も高い。

国民の皆さんは,そのうち最高裁判所裁判官の国民審査(衆議院議員総選挙の際に行われている)で彼を罷免するか否か投票することになるかもしれない。

だから覚えておこう。「パンツ一丁はセーフだが縄で縛るとアウト」という基準を確立した御仁であることを。

 

余談はこのくらいにして,裁判官がこれだけ自由なことをしているのに,弁護士は一体何をやっているのだと思った人がいるかもしれない。

 

安心していただきたい。弁護士界にも岡口裁判官に対抗し得る漢(OTOKO)がいる。

彼の名は藤井総弁護士。

下記リンク先から写真を引用する。なお,2014年9月22日のものである。

news.livedoor.com

 

f:id:monoshirin:20161102210348j:plain

「どこが対抗し得るんだよ。だいたいちゃんと服着てるじゃないか。ただの真面目な弁護士じゃないか。」と思ったかもしれない。

 

確かに真面目な見た目である。10人中11人が「真面目そう」と答えそうな外見である。

それこそが藤井弁護士の罠である。

これは壮大なフェイントなのだ。

同じリンク先にあるこの写真をご覧いただきたい。

f:id:monoshirin:20161102211025j:plain

被っている・・・パンツを被っている・・・

「どうしてこうなった」と理由が気になる方は先ほどのリンク先をご覧いただきたい。

そこには深い・・・いや,そうでもない理由がある。

 

「真面目そうな外見の弁護士」がパンツを被っているので余計にインパクトがある。

これがいかにもパンツを被りそうな顔をした弁護士ならここまでのインパクトは無い。

 

(なお,「いかにもパンツを被りそうな顔の弁護士」ってどんな奴だよという極めて常識的なツッコミをしてはいけない。)

 

そしていかんとも形容しがたいこの表情・・・私はこの表情を適切に表現する筆力を持たない。

なお,パンツを被った男と言えば誰しもこの男を思い浮かべるだろう。

f:id:monoshirin:20161102213123j:plain

映画『HK 変態仮面』オフィシャルサイトから引用

 

そう。変態仮面である。

しかし,変態仮面と藤井弁護士はパンツの被り方の流派が異なる。

変態仮面はフェイス・イン・パンツ(F・I・P。略称:フィップ)。つまり顔全体がパンツに収まっている。

他方,藤井弁護士はパンツ・オン・ヘッド(P・O・H。略称:ポー)。頭の上にパンツ。

 

フィップは局部に当たる部分を鼻に当てるという点で変態性が抜群だが,顔は隠れる。だから正体を隠せるのだ。

他方,ポーはフィップほどの変態性は無いが,顔は隠れない。顔面をさらけ出す必要がある。羞恥心という高い壁を超えなければならない。

その高い壁を超えた末にあの形容しがたい表情がある・・・。藤井弁護士に漢気を感じてしまうのは私だけだろうか。

 

なお,藤井弁護士は彼の事務所のサイトによると顧問先企業が約60社もあり,本も結構書いているかなりの売れっ子弁護士である。並の弁護士ではない。

多分パンツを被った2014年9月当時も既に売れっ子弁護士だったと思う。

だからわざわざ人の目を引くことをして注目を集める必要性があったとは考えられない。変なリスクを負う必要は全然無いのである。

そんな安定的な地位にありながら,平然とパンツを被ってしまう度胸とノリの良さに心の底から敬服する。

first-law.jp

 

ところで,賢明なる読者の方々はもちろん気付いたと思うが・・・藤井弁護士のパンツの使い方は岡口裁判官とは真逆である。

岡口裁判官はパンツを本来の用法にしたがって使っている。そして彼がパンツを脱ぎすてた写真を投稿したら完全にアウトだ。犯罪だ。

つまり,岡口裁判官の写真においてパンツは「最後の砦」の役割を果たしている。薄布一枚でかろうじて合法性を保っているのだ。

他方,藤井弁護士はどうであろう。パンツは別になくていい。というか本来あってはならない位置に鎮座している。

つまり,「最後の砦」VS「余計なもの」なのである。

 

パンツの使い方が180度違うッッ!

 

しかし,違いはそれだけではない。

岡口裁判官と藤井弁護士にはその他にもこれだけ相違点がある。

 

・短髪VSモッサリ

・裸眼(又はコンタクト)VSメガネ

・審判VSプレイヤー

・公務員VS自営業

・中年VS青年

・男性用下着VS女性用下着

・脱衣VS着衣

 

何という鮮やかな対比・・・これは果たして偶然なのか?

もはや藤井弁護士がパンツを被ったのは岡口裁判官のパンツ一丁に対するアンサーソングならぬアンサーパンツではないかと思えてくる。

 

ところで・・・自分の身に置き換えて考えてみていただきたい。

自分が仮に裁判官だったら,パンツ一丁の写真をツイッターに投稿できるか?

自分が仮に弁護士だったら,パンツを被った写真をネット上に晒せるか?

「自分の社会的地位が危うくなるかもしれない」という考えが頭をよぎり,立ち止まってしまわないだろうか。

そこには精神的に高い壁がある。でも彼らはその壁を乗り越えた。

何という度胸だ。私のような小心者には到底真似できない。

 

そう考えると・・・私の目には彼らの姿がとってもかっこよく映るのである。パンツ一丁の漢とパンツを被った漢の姿が。

 

なお,裁判官と弁護士・・・ときたら次は検察官から誰か出てきて欲しいと思うのは私だけだろうか。