読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノシリンの3分でまとめるモノシリ話

モノシリンがあらゆる「仕組み」を3分でまとめていきます。

作者の連絡先⇒ monoshirin@gmail.com

【33】保険のまとめ~利息と元金の順序を逆にした~

【分かりやすくまとめると・・・ 】

・保険は皆でお金をだしあい,何か事故が起きた際に事故で損害を受けた人にお金をあげる,という仕組み。

・近代的保険の始まりは海上保険で,それ以前は事故に備えて高利率でお金を借りる冒険貸借が存在した。

・利息を取る事が禁止されたので冒険貸借ができなくなった。そこで,元金と利息の順序を変え,利息を「保険料」として予めもらう仕組みが考え出された。それが現在の保険につながっている。

 

f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 保険というのは,大まかにいうと次のような仕組みだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 何か事故が起きた場合に備えて,みんなでお金を少しづつ出し合ってためておく。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そして,事故が起きた場合には,その事故によって損害を受けた人にお金を渡す。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 事故というのは,交通事故とか,地震,火災などかな。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだね。より身近なところだと,健康保険もそうだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 健康保険のおかげで,いざ病院にかかるときに保険金が出るから,自分で負担するお金が少なくて済むね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだね。健康保険があるから気軽に病院に行けるようになっている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain それから,年金もそうだ。みんなでお金を出し合ってためておいて,老後になったら年金をもらう。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain このように,困った時のために予めみんなで少しづつお金を出し合い,助け合うのが保険だ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そして,近代的な保険制度の仕組みは,海上保険から始まったと言われている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain その海上保険の前身とされるのが,冒険貸借だ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain これは,積荷や船舶を担保としてお金を貸すものだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain もし船が遭難したりして船舶や積荷が駄目になったら,お金を返さなくてよいというものだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 損害の埋め合わせにその借りたお金が使えるということだね。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain それにしても,そんな危険があるのによくお金を貸すね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そういう危険がある代わりに,利息が1つの航海につき24%~36%もあって凄く高いんだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain なるほど。危険を負う代わりに成功した場合は儲けが大きいということだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain この冒険貸借は流行したんだけど,宗教的な理由から禁止されてしまった。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 時のローマ法王が,利息をとることはキリスト教の教えに反すると言ったんだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そこで冒険貸借に代わるものとして考え出されたのが保険と言われている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 積荷や船舶に損害が出たときは保険会社がお金を払って損失を埋める。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 保険会社にそのような危険を負担してもらう代わりに,前もって保険料を払うんだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 保険料が冒険貸借でいうところの利息の役割を果たしているのかな。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そのとおりだ。保険は冒険貸借の利息と元金の順番を逆にしたようなものだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 損害を埋めるためのお金を予めもらうか,後でもらうかの違いだね。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 保険契約者が払うのはあくまでも保険料だから,「利息をとってはいけない」というルールに反しないね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。ルールの抜け道をうまくついたと言えるね。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 事故さえ起きなければ,保険会社は保険料をもらい続けて儲けることができるね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだね。ただ,事故はいつか起きるものだから,それを前提として,損をしないように保険料を定めているんだ。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain また,保険会社は,保険契約者からもらった保険料をただ持っているだけじゃなく,運用して増やしている。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 企業にお金を貸して利息を得たり,株式の売買をして利益を上げているんだ。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 保険会社も銀行みたいに世の中にお金を行き渡らせる役割を担っているんだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。保険会社はお金の流れをよくして経済の拡大に貢献している。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そして,保険と言う仕組みがあるおかげで,個々の会社や人が負担するお金が減る。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain それによって,リスクを恐れず遠くへ航海することが可能になり,経済が発展したんだね。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain そうだ。今や保険商品は物凄くたくさんの種類のものが生まれている。
f:id:monoshirin:20151008215749j:plain 保険はあんまり僕にとって身近な話じゃないけど,将来に備えて勉強しておこうかな。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain いい心掛けだ。では次に蒸気機関の話をしよう。
f:id:monoshirin:20151008215747j:plain 蒸気機関のおかげで,航海がさらに活発になったからね。

blog.monoshirin.com